ゆるキャラと体操の新JIS漢字

| コメント(0) | トラックバック(0)

ニュースから新JIS漢字ネタ2題。

MSN産経ニュース、「「オレたちはゆるくない!」ゆるキャラ20体集結 大会前に鳥取砂丘で決起集会」に、こんな表記がありました。

鳥取砂丘で行われる「ゆるキャラ●(=○の中にR)カップ」

「○の中にR」とは、登録商標を表す®のことでしょう。以前にも、「ゆるキャラ®」という表記を取り上げたことがありました。「ゆるキャラ」が商標登録されていることをアピールしたいという関係者の思惑があるようです。

それにしても、こういうときは (R) のような代用表記を使うことが多いのですが、「○の中にR」と記すパターンは珍しい。記事制作の都合か何かなのでしょうか。

次は漢字。

同じくMSN産経ニュース、「【世界体操】五輪金の中国が存在感」に、「主軸の江●(=金へんに玉)源らが」という記載がありました。

「金へんに玉」とは、JIS第3水準の「鈺」、面区点番号1-93-08でしょう。EUCではFDA8、SJISではEF47というコード値になります。

ここでは中国人の名前として出てきていますが、同じ字がオクという読みで韓国人の名前としても使われることもあります。

それにしても世間はいつになったら文字の足りないJIS X 0208を卒業して新JIS漢字(JIS X 0213)の世界に入るのでしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/169

コメントする

最近のブログ記事

朝鮮半島の訃報の第3水準漢字
朝鮮戦争で韓国軍として活躍した白善燁氏が…
テレワークの環境改善〜CO2濃度をチェックする
テレワークの問題点 新型コロナウイルスの…
エンジニアHubにて「文字コード再入門─ Unicodeでのサロゲートペア、結合文字、正規化、書記素クラスタを理解しよう!」公開
「エンジニアHub」にて記事を執筆しまし…
National Geographic Your Shot で Daily Dozen に選ばれた話
ブログをさぼっている間に時間がずいぶん経…
情報処理学会から山下記念研究賞を頂いた話
ブログをさぼっている間に時間がずいぶん経…

広告