朝鮮半島ニュースの第3水準漢字

| コメント(0) | トラックバック(0)

テレビのニュースを見るともなくつけていたら、不意にJIS第3水準漢字が目に飛び込んできました。1面87区90点の「珏」という字です。

北朝鮮問題を日本と韓国の関係者が話し合っているニュースで、韓国人の人名にこの字が使われていたのでした。ほうほう、と思ってウェブのニュースを見てみたら、(シン)珏秀(ガクス)という名前でした。

ニュースサイトの例としては、「6カ国協議再開には慎重対処 前原氏と韓国次官」(MSN産経ニュース)があります。この記事では、「申●秀」「●=王へんに玉」という書き方をしています。

今回は韓国人名でしたが、「JIS漢字字典」でこの字を引いたところ、日本人の人名の例もあるようです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/159

コメントする

最近のブログ記事

朝鮮半島の訃報の第3水準漢字
朝鮮戦争で韓国軍として活躍した白善燁氏が…
テレワークの環境改善〜CO2濃度をチェックする
テレワークの問題点 新型コロナウイルスの…
エンジニアHubにて「文字コード再入門─ Unicodeでのサロゲートペア、結合文字、正規化、書記素クラスタを理解しよう!」公開
「エンジニアHub」にて記事を執筆しまし…
National Geographic Your Shot で Daily Dozen に選ばれた話
ブログをさぼっている間に時間がずいぶん経…
情報処理学会から山下記念研究賞を頂いた話
ブログをさぼっている間に時間がずいぶん経…

広告