三国志にはJIS第3・第4水準が必須

| コメント(0) | トラックバック(0)

25年くらい前に、MZ-2500というシャープから発売されていた8ビットパソコンがありました。この機種は8ビット機の割には漢字VRAMを登載していて、テキスト画面に漢字を表示することができました。フォントは内蔵のROMで提供されていて、JIS第1・第2水準が登載されていました。年代からいえば83JISだった筈です。

この機種には光栄 (現コーエー) から三国志のゲームが発売されていました。MZ-2500版のゲーム画面では、他の8ビット機版とは違って、メッセージが仮名漢字まじりの日本語で、それも通常の文字の大きさ(16×16ドットの正方形)で表示されていました。今となっては想像が難しいのですが、これは当時としては画期的なことです。大抵の8ビット機ではテキスト画面に漢字を表示できず、かつ、グラフィック画面は640×200ドットという縦長のドットになっています。そのため、16×16ドットで漢字を描画すると縦方向に2文字ぶんの長さをとる、縦長の字になってしまうのです。

したがって、通常のアルファベット等と同等のサイズの正方形で漢字を表示できるMZ-2500のゲーム画面は大変見栄えがしたものです。しかしこの三国志のゲームについては、人名だけが他機種と同じように縦長の字で表示されてしまっていました。「諸葛亮曰く、」というメッセージが表示されるときには、人名の「諸葛亮」だけが、縦に2文字分の高さをとる縦長の格好をしていたのです。当時の私にはその理由がさっぱり分かりませんでした。

後に理由を想像したところでは、MZ-2500に登載されているJIS第1・第2水準では、表記できない人名が三国志には多数あったのです。なので、テキスト画面への表示を諦め、人名だけは一律にグラフィックとして表示するという方法がとられていたようなのです。JIS X 0208に文字が足りないばかりに、光栄の人も苦労していたんだろうと思います。

という思い出話は前置きです。

当サイトの配布物のセクションに、JIS第3・第4水準漢字を用いる三国志人名リストというデータを公開しました。第3・第4水準の必要な人名の読みと漢字表記を並べたCSV形式のデータです。このデータの元になっているのは、おなじみ、SKKのJIS第3・第4水準漢字辞書です。

まだ検証の足りていない点もありますが、とりあえず公開してしまうことにしました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/150

コメントする

最近のブログ記事

LGの KF94マスクを買ってみた
マスクの重要性 デルタ株の感染力によって…
『[改訂新版] プログラマのための文字コード技術入門』増刷決定!
拙著『[改訂新版] プログラマのための文…
停電対策として自宅にUPSを導入した話
私は写真撮影が趣味で,撮影した写真は自宅…
Javaと Pythonの識別子の仕様を比較する
前の記事で,Pythonの識別子のUni…
Pythonの識別子における Unicode文字
プログラミング言語Pythonで,変数名…

広告