日本人が間違えやすい英語のアクセント

| コメント(0) | トラックバック(0)

Webで見付けた、金谷健一「ここに注意しよう日本人の口頭英語」という文章が大変面白かったです。特に、日本人が間違えやすい英語のアクセントというのが指摘されているのですが、簡単なことながら盲点であり、確かに間違えやすいと思いました。

例えば、integrateという語は íntegrate のように語頭にアクセントがあるのに、多くの日本人は integráte のように後ろに持ってきてしまうというのが典型例です。同様の例には、éstimate, cálculate, fórmulate, símulate、あるいは cónsequence, súbsequence など多数があるといいます。こうした語は後ろにアクセントがある方がなんとなく英語らしいと私たちは思ってしまうようです。

知っているつもりの英語でも、辞書で確認したり、他人の発音を注意して聞いたりすると良いのでしょうね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/117

コメントする

最近のブログ記事

LGの KF94マスクを買ってみた
マスクの重要性 デルタ株の感染力によって…
『[改訂新版] プログラマのための文字コード技術入門』増刷決定!
拙著『[改訂新版] プログラマのための文…
停電対策として自宅にUPSを導入した話
私は写真撮影が趣味で,撮影した写真は自宅…
Javaと Pythonの識別子の仕様を比較する
前の記事で,Pythonの識別子のUni…
Pythonの識別子における Unicode文字
プログラミング言語Pythonで,変数名…

広告