iPod TouchはJIS X 0213の全ての文字に対応しているわけではなかった

| コメント(0) | トラックバック(1)

先日、「iPod Touchの漢字変換はJIS X 0213の成果を取り入れていた」という記事を書きました。JIS X 0213の文字が単語として入力できるという話です。このときは、てっきり、iPod Touchは (iPhoneも?) JIS X 0213の文字全部に対応しているのだと思っていました。

ところが、昨日のブログ記事紹介したページをiPod Touch (第2世代) で見てみたら、一部の文字・記号に、表示できていないものがありました。

例えば、将棋の駒の記号☗☖や、白抜きの丸付き数字の⓴、二重の丸付き数字⓵・⓾は表示できていませんでした。また、Unicodeでは合成の必要な文字、か゚やセ゚などは、半濁点の部分が間延びして表示されています。

iPod Touchのフォントはどういう基準で文字を揃えているのか、ちょっと不思議に思いました。

やはり、JIS X 0213の文字はいつでもどこでも使いたいものですね。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/123

Mac OS Xの文字コード問題に関するメモ - iPadで表示できない文字 (2010年6月17日 15:54)

yanokさんの「iPod TouchはJIS X 0213の全ての文字に対応しているわけではなかった」というエントリを読んで、iPadで確認してみた。... 続きを読む

コメントする

最近のブログ記事

Javaと Pythonの識別子の仕様を比較する
前の記事で,Pythonの識別子のUni…
Pythonの識別子における Unicode文字
プログラミング言語Pythonで,変数名…
アニメ「シュタインズ・ゲート」における文字コード技術入門
以前,何年も前ですが,アニメ「シュタイン…
仮名合字・合略仮名の文字コード
合字とは 合字というものがあります。複数…
なぜ『プログラマのための文字コード技術入門』の改訂新版にはSKKと Emacsの話が入っていないのか
拙著『[改訂新版] プログラマのための文…

広告