AnthyでもJIS第3・第4水準を

| コメント(0) | トラックバック(0)

当サイトの配布物のセクションにおいて、Anthy用JIS第3・第4水準漢字変換辞書 というのを公開しました。

これは、SKKのJIS第3・第4水準漢字辞書SKK-JISYO.JIS3_4をAnthy用に変換したものです。AnthyでもJIS第3・第4水準漢字が使えるようになります。AnthyはLinux環境でよく使われている仮名漢字変換ソフトウェアです。

「とかられっとう」から「吐噶喇列島」が変換されるとか、「ゆーろ」から「€」が出るとか、「あいぐんじょうやく」から「璦琿条約」が出るとかいった機能を、SKKだけでなくAnthyでもお使いいただけるようになります。

まだ、用言に対応していないとか、品詞が適当でないものがあるとか、不十分な点があるのは承知していますが、ともかく文字を変換することはできるので、とりあえず公開してしまいます。どうかな?

Anthyをお使いの方は、使ってみてご感想などいただけると嬉しいです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/122

コメントする

最近のブログ記事

Javaと Pythonの識別子の仕様を比較する
前の記事で,Pythonの識別子のUni…
Pythonの識別子における Unicode文字
プログラミング言語Pythonで,変数名…
アニメ「シュタインズ・ゲート」における文字コード技術入門
以前,何年も前ですが,アニメ「シュタイン…
仮名合字・合略仮名の文字コード
合字とは 合字というものがあります。複数…
なぜ『プログラマのための文字コード技術入門』の改訂新版にはSKKと Emacsの話が入っていないのか
拙著『[改訂新版] プログラマのための文…

広告