大通公園の西8丁目と西9丁目がつながっている理由

| コメント(0) | トラックバック(0)

大通公園は札幌の中心に位置し、都心を南北に分ける起点となっており、西1丁目から西12丁目まで東西に長くのびています。原則として1丁目と2丁目、2丁目と3丁目といったように、各丁目の間は道路で区切られています。しかしただ1箇所だけ、西8丁目と9丁目の間はつながっています。

ここだけつながっている理由を以前は知らなかったのですが、Webサイトにある説明を見て、ここに彫刻家のイサム・ノグチの意志がはたらいていることを知りました。

ブラック・スライド・マントラ」と題されたページに記されています。

短い文章なのでリンク先を見てほしいのですが、かいつまんでいえば、札幌を訪れたイサム・ノグチは、彫刻作品を置く予定になっている大通公園を歩いて、いい公園だけど信号に止められるのが惜しいと言った。その後、作品を置く場所として、当時は道路だった西8丁目と9丁目の間を指定した。それによって、札幌市は8丁目と9丁目の間をつないで、そこに作品を設置したというのです。

ということはつまり、大通公園が道路によって寸断されていなければいいのにとこの芸術家は考えて、わざと8丁目と9丁目の間を指定したということなのでしょう。

ここに設置された作品はブラック・スライド・マントラといって、子供たちが遊べるすべり台になっています。実際にすべり台として使用されています。

イサム・ノグチの意志によってこの空間はほかよりも広々としたものになったわけですが、私が思うに、ほかの丁目もつないでしまえばもっと良くなる。

全部とはさすがに言わないし、花壇でなく森にして川も流せといった急進的な主張をするつもりもないけれども、例えば、6丁目と7丁目、4丁目と5丁目といった具合に、1丁目おきに道路をつぶしてつないではどうでしょうか。

道路をふさぐというのはきっと一部から反対意見が出ると思うのだけど、公園としての機能を高めるには絶対に良い効果がある筈です。都市生活には公園が欠かせない。良い公園を持つことは良い都市に欠かせないことです。

是非とも、札幌の顔である大通公園の魅力を高めてほしいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/111

コメントする

最近のブログ記事

電子マネーiDの良さが今更ながら分かった
iDとはどんなものか 電子マネーというと…
書家の第3水準漢字が文字化けするわけ
北海道南部の松前町は、20世紀日本の書家…
どうせクレジットカードを持つなら出身大学の支援になるものはどうか
大学カードというものがある 今や生活に欠…
「など」の使い方
曖昧な言い方が好まれる風潮があると感じて…
日本の文字は「表イメージ文字」でいいのか
笹原 宏之『漢字に託した「日本の心」』 …

広告