ブログで見かけた「プログラマのための文字コード技術入門」評

| コメント(0) | トラックバック(0)

拙著「プログラマのための文字コード技術入門」への嬉しい評を見かけました。本書に興味のある方はご覧いただければと思います。

書名にもかかわらず、プログラマだけでなく「全てのITエンジニアが対象ということになる」と指摘されているのは、実は著者の思いと同じです。この点に言及してくれたのがまず嬉しい点です。(ちなみに、書名には出版社の意向でプログラマという言葉を用いていますが、「はじめに」では「ソフトウェア技術者」というより広い意味の言葉を使って書きました)

そして中でも、第8章の「まとめ」の最後2段落を引用して「非常に印象に残った」としてくれているのが、著者として大変嬉しいことです。ここは著者としての思いの詰まったくだりです。

本書がその意図や思いを的確に汲んでくれる読者を得られたことは、この上ない喜びです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/86

コメントする

最近のブログ記事

「小樽雪あかりの路」の魅力
北海道の冬のイベントというと札幌の雪まつ…
libiconv に JIS X 0213がない場合
GNU libiconvはJIS X 0…
「キュレーション」なる語について
DeNAのキュレーションサイトWelqの…
雪の青の夜景、札幌と函館
何日か前の朝のNHKニュースで札幌の夜景…
「2バイト文字」という言い方
「2バイト文字」という言い方につっこみを…

広告