「JIS X 0213の文字のUnicode合成表現のためのSKK辞書」公開

| コメント(0) | トラックバック(0)

配布物の一環として、「JIS X 0213の文字のUnicode合成表現のためのSKK辞書」を公開しました。先日のブログ記事のものを少々拡張したものです。

当Webサイトの編集にも、ここで公開している辞書を活用しています。

用途が分かりづらいものなので、説明を書くのに少々苦労しました。EmacsとMule-UCSとSKKでJIS X 0213の文字を使ったHTML文書を書いてUTF-8にしようとすると、必要性が自然と分かるものなのですが、いちから言葉で説明するのはなかなか難儀です。

この辞書によって、アイヌ語や鼻濁音などの文字を使ったHTML文書をEmacs + Mule-UCS + SKKの環境で入力しやすくなるというものです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/26

コメントする

最近のブログ記事

仮名合字・合略仮名の文字コード
合字とは 合字というものがあります。複数…
なぜ『プログラマのための文字コード技術入門』の改訂新版にはSKKと Emacsの話が入っていないのか
拙著『[改訂新版] プログラマのための文…
朝鮮半島の訃報の第3水準漢字
朝鮮戦争で韓国軍として活躍した白善燁氏が…
テレワークの環境改善〜CO2濃度をチェックする
テレワークの問題点 新型コロナウイルスの…
エンジニアHubにて「文字コード再入門─ Unicodeでのサロゲートペア、結合文字、正規化、書記素クラスタを理解しよう!」公開
「エンジニアHub」にて記事を執筆しまし…

広告